子供の教科書を処分する3つのポイント

教科書を処分する3つのポイント

 

教科書を上手に処分する方法

 

 

 

教科書を上手に処分する方法

学校の教科書や参考書って、本当にあっという間に使わなくなりますよね。

 

特に中学・高校の3年間は、受験が控えているため、多くの参考書などを買いますが、受験が終わると一切使いません。

 

私も子供の教科書や参考書が処分できなくて、使わなくなった教科書や参考書を置いていました。

 

なかなか子供の教科書って、捨てるに捨てられないのが親心です。

 

しかし、使わない教科書は場所をとってしまいます。

 

捨てるに捨てられない、昔の私と同じ人のために、教科書をスッキリと処分できる方法をお伝えします。

 

 

  1. 教科書を処分するタイミング
  2.  ├小学校
     ├中学校
     ├高校
     ├大学
     └専門学校

     

  3. 教科書を処分する
  4.  ├教科書の名前
     ├教科書は紙ゴミ
     └教科書を処分するのは心苦しい

     

  5. 教科書を処分できない時
  6.  ├教科書を後輩にゆずる
     └教科書をリサイクルする

教科書を処分するタイミング

教科書を処分するにはタイミングがあります。

 

ここでは、教科書を処分するタイミングを小学校・中学校・高校・大学・専門学校別に、お伝えします。

 

多くの方が、節目で教科書を処分しているタイミングですので、参考にしてください。

 

 

小学校の教科書を処分するタイミング

 

子供の小学校の教科書は、よほどのことがない限り、見直すことはありません。

 

実際に私も小学校の教科書を、子どもが中学生になるまで置いていましたが、上の学年にあがっても、下の学年の教科書を見ることはありませんでした。

 

ノート類や、学校でもらったプリントも同じです。

 

また学校で作った子供の作品なども、子どもが見ることはありませんし、押入の奥にしまったままでした。

 

なので子どもの作品などは写真をとって、処分するのほうが家の中をスッキリできます。

 

 

不安なときは、1年間は前の学年の教科書をとっておき、その次の学年にあがったら捨てればいいです。

 

小学校の教科書は、上の学年になった時に復習では使いませんが、念の為。

 

最後は、中学に上がるタイミングで教科書を処分すれば、家の中がスッキリします。

 

中学校では、小学校の教科書は一切使いませんから。

 

 

 

 

中学校の教科書を処分するタイミング

 

 

中学校の教科書は、上の学年にあがっても2ヶ月間はおいておくのがいいです。

 

授業によっては下の学年の教科書を使う先生がいますので、2ヶ月間は様子見で保存が無難です。

 

特に英語は下の学年の教科書を使う先生がいますので、注意が必要です。

 

プリント類は、使うことがないので処分してしまって大丈夫です。

 

高校にあがった場合は、中学3年生の英語の教科書は使う可能性がありますが、それ以外は使用しません。

 

ですので、高校にあがったら、5月のゴールデンウィーク頃に教科書を処分するとタイミング的にはいいです。

 

 

 

 

 

高校の教科書を処分するタイミング

 

 

高校の教科書は、卒業するとほとんど使いません。

 

あれほど大学受験で使っていた教科書や参考書も、全て使いません。

 

ですので、高校卒業と同時に処分しても大丈夫です。

 

 

 

 

 

大学の教科書を処分するタイミング

 

 

大学の教科書も、高校の教科書と同じです。

 

大学に残り、研究するのであれば教科書は持っていたほうがいいですが、それ以外の場合は使いません。

 

 

 

 

専門学校の教科書を処分するタイミング

 

 

専門学校の教科書は、自分がおこなう仕事の専門書になるので、必要と感じる間は処分するべきではありません。

 

小学校・中学校・高校・大学と違い、専門学校は専門知識を学ぶところです。

 

授業に使っていたのは専門書の教科書ですので、卒業してからも使います。

 

しいて専門学校の教科書を処分するタイミングを言えば、全く違う仕事に変わった時です。

 

 

 

 

教科書を処分する

 

教科書を処分するタイミングがわかりました。

 

それではく教科書を処分するときに、どのようにしたらいいのかお伝えします。

 

  • 教科書の名前はどうしたらいいの?
  •  

  • 教科書は何ゴミになるの?
  •  

  • 教科書以外の参考書はどうしたらいいの?

 

 

処分する時、教科書の名前はどうしたらいいの?

教科書の名前を消して処分する

 

教科書を捨てる時に、名前が書いてあっては処分しにくいです。

 

そんな時は、教科書の名前をマジックで消したり、名前の部分を細くちぎって、生ごみと一緒に捨てたりすることで、教科書の名前がわからなくなります。

 

今は個人情報など気をつけないと、どこから情報が漏れるかわかりませんので。

 

 

マジックで名前を消すのがオススメ。

 

 

 

教科書は何ゴミになるの?

 

教科書は、新聞と同じ紙ゴミになります。

 

新聞と同じように紐でくくって、紙ゴミの日に出せば処分することができます。

 

また、ちり紙交換などに出せば、ティッシュと交換してくれるので嬉しいです。

 

また近くに大型ショッピングモールがある場合は、そこのecomoがオススメです。

 

1キロにつき1ポイント貯まり、商品券に交換してくれます。

 

 

 

 

 

教科書以外の参考書はどうしたらいいの?

 

教科書以外の参考書も、紙ゴミとして処分することができますが、参考書を紙ゴミとして捨ててしまうのはもったいないです。

 

私の場合、参考書は、参考書買い取り専門店に売却しました。

 

近所にBookOFFもありますが、あまりにも買取価格が低くてやめました。

 

参考書は教科書と違い、買い取りしてもらえるので、使わないのなら、買い取りしてもらうのがいいです。

 

結構、参考書って綺麗なままの場合が多いので、その参考書を次の人が使ってくれてリサイクルでき、またお金にもなれば、お互いに嬉しいですからね。

 

私が利用した、参考書買い取り専門店のリンクを貼っておきます。

 

↓↓

 

大学教科書・専門書・医学書の買取サイト「専門書アカデミー」

 

 

 

 

 

教科書を処分できない時

でも教科書を処分できない人もいるでしょう。

 

今まで一生懸命勉強してきた教科書を、なかなか処分できない・・・・。

 

使わないのがわかっているけど、なぜか処分できない、もったいない・・・・。

 

わかります、その気持。

 

それなら、使わなくなった教科書を後輩に譲ってはどうでしょうか?

 

 

 

教科書を後輩にゆずる

 

 

小学校・中学校の教科書は、義務教育で学校から支給されますので、誰ももらってくれません。

 

しかし、高校や大学の教科書などは、個人で買わないといけないので、喜んでもらってくれます。

 

教科書を捨てて処分する事に抵抗を感じる人は、後輩に譲ってあげてください。

 

 

 

教科書をリサイクルする

 

 

教科書をリサイクルする方法もあります。

 

教科書、特に専門の教科書、参考書は、ネットでリサイクルすることができます。

 

周りに、教科書や参考書を譲れる後輩がいないときなど、ネットを使って全国の後輩に譲ればいいです。

 

そのさい、Bookoffなどの古本屋に持って行くよりも、高値で引き取ってもらえます

 

↓↓

 

大学教科書・専門書・医学書の買取サイト「専門書アカデミー」

 

 

 

 

 

教科書を処分できない:まとめ

教科書を処分したくてもできない人は、ここでお伝えしているタイミングと方法で、効率的に処分することができます。

 

使わないとわかっていても、捨てられない教科書、でもいつかは処分しないといけないです。

 

それをいつやるか?今でしょう。